toggle
2018-10-12

内田新哉さん。

私の好きな絵描きさんに「内田新哉」さんがいます。

22、3年前に本屋さんで一冊の画集を手に取った時点からです。

それからというもの、今でもこれからもそんな絵のような世界で暮らせること、

自分の人生のマイゴールの居場所をイメージしております。

 

本屋さんで手に取った感触を今でも忘れません。

そんな出会い(会ったことはありませんが(#^^#))の体験には感謝しています。

 

私もそんな体験が使い手と作り手とにできるようなモノづくりが出来たら幸いかと思います。

 

ライフスタイル、ワークスタイルなどと意識しているところはありますが、

全ては今の一瞬に何を感じるのか、命を燃やし、感性に身を任せ、されど意識は確りとし、みたいな生き方の先に見えてくる

華やかな風を体感したいのです。

 

それが内田新哉さんの世界と相まって、どんな場所、どんなことをしていても、

目を閉じると心の世界で繋がれることを大事にしています。

右が出会いの画集です。

 

工房内に飾っています。

 

必ず原点や目指すものを再確認できる物や音楽って大事です。

そして自分や家族、大切に思っている人たちの事を思いながら仕事が出来るのはありがたいです。

 

独立しての仕事は大変ですが、今ある幸せの喜びを感じるのも本当に増えました。

何かを無い物を求める癖が出てきそうな時は、「すでに今十分にある!気付いていないだけ!」と、思うようにしています。

でも本当そうだと思います。想像と工夫。すでに今でOK、今がベスト。

一度そこから見直すと新たな切り口が出てくる。不思議です。

 

このような事らとも、共に歩んでいくことが本来の人生の本線だとも感じていますので、味わって行きたいと思います。

そしてご縁とともに良いモノづくりを心掛けて参ります!

関連記事